事業部の紹介/仲介営業部

年齢に関係なく、多くの
チャンスを与えてくれる

仲介営業部 執行責任者
小関 大輔/部長

私はオフィス移転の仲介営業を10年強やっています。

昨年より新規営業部開設準備室の責任者として、本社での営業と並行して任務に就く形になりました。新規部署の開設をしながら、東京での営業を兼任する楽しさ、大変さ等を踏まえお話したいと思います。
新規営業部開設へ
この10年、オフィス市況は浮き沈みがある中、同業他社が増え、更にリーマンショック以降は市況が悪くなり、以前と同じ方法では中々売上成果が出せない状況になりました。

その様な環境の中、新しい形で売上構築をすべく新規営業部開設の立上げを任されました。

まずはじめた事は、市況調査です。 人脈作りからはじめ、需要・供給のマーケット感、地域性、同業他社情報、経済条件等あげればきりがないほど調査を積み重ねました。

その結果、無事新規営業所が開設となり、赤字にならない様に東京本社で売上構築を継続しながら、新規営業所の見学・契約、什器備品の発注在庫管理、経費管理、現地営業、パートの教育・指示・同行等一通りの流れを作りました。

わからない事が多く、本来の営業業務もある為、約2倍の行動をしていました。今思うと一番大変だったと感じていますが、この時が一番充実していた時期でもありました。

まだ黒字化は出来ていませんが、開設から1年以内に黒字化することが目標です。
新規営業部開設を経て
営業所立ち上げから学んだ事として、日頃お客様にオフィス移転の提案をしていますが、いざ自分でやってみると、とにかく大変で、スケジュール作成はもちろんのこと、移転にかかわる内装業者、電気・電話業者、引越業者、また社内でのネットワーク担当者や上司のアドバイス等色々な方に協力を頂き、1人ではかなりの時間を要する事が、皆の協力を受けると効率的に、かなりのスピードで物事が完了することを学びました。また、本業の移転の流れを実体験することで、お客様へリアルな提案ができ、営業の幅が広がる非常に良い経験だったと感じています。

今後の目標として、既存の同業他社と同じよう営業していては多くの利益を出せないと感じています。他社では行わない営業方法を構築し、それを結果として出す事が責務です。また、東京本社と各部署とのリレーションを作り、お客様がアットオフィスでのサービスに更に喜んで頂ける様に仕組み作りを行う予定です。
その実現の為に、常日頃から仕組み作り、アイデア探し、市況感等の情報収集を続けたいと思います。
アットオフィスに向く人とは
アットオフィスは、前向きに努力している人、結果の出ている人等には年齢関係なく多くのチャンスを与えてくれる会社です。それらに加え権限委譲が驚くほどあると思います。

営業所立上げの際にはかなりの購入物等で費用がかかりましたが、代表が営業所を訪問したのは、オープンの翌月です。スケジュール、教育、経費申請等が確認レベルで、殆ど自分で考えた通りになっています。なかなかここまで権限委譲をしてくれる会社はないと思います。

弊社は、仕事・役割を待っている受け身の人には向かないと思います。ある程度経験を積み、結果が出せる様になったら、自分のやりたいことや進みたい方向を周りに伝え巻き込みながら進めていく方が合うと思います。若い会社の為、仕組みが完成していないものも多くそこに多くのチャンスがあると思います。そういう環境の中で一緒に会社を作っていきたいという考えを持った方に、ぜひ来てほしいです。